郷土の歴史学習出前授業

郷土の歴史学習出前授業

P1260077-1.jpg

郷土のヒト・ものを活用して、社会科授業、総合的な学習の時間を楽しい時間にしませんか?

「郷土のものを知ってほしい! 社会科好きになってほしい! 先生方の授業のお役に立ちたい!」

そんな思いで社会科学習、総合的な学習の時間で使える郷土の歴史素材を整え、出前授業を行います。

出前授業の6つの特徴

1 郷土に誇りと愛着をもつ児童生徒の育成

「『宮崎が好き』という子どもたちを育てたい」と願っている先生にピッタリ!文化財課がもつ専門的知識や地域素材を学習教材とした歴史資料を活かした授業を構想・展開するので、宮崎のよさを感じた、宮崎大好きの子どもが育ちます。教科書や副読本の内容と宮崎の歴史事象をつなぎ、教材化して提供します。


2 教科書の歴史と宮崎の歴史をつなぐ

「専門家が講話をするだけ」という形ではなく、3・4年生の郷土学習、6年生の歴史学習、中学校の歴史的分野のねらいに応じた内容を提供します。教科書の歴史と宮崎の歴史をつなぐことで、歴史学習を身近に感じさせ、歴史学習に興味をもたせます。


3本物を間近で見て、本物にふれる

実際に発掘調査で出土した土器や石器などの遺物、武家諸法度や解体新書などの本物の資料に触れることができます。実物に触れることで興味関心がより高まり、実感のともなった学習につながります。


4 カスタマイズ型

授業のねらいや子どもの実態、学級担任等の要望に応じて、自由自在に組み立てることができます。授業者、学習内容、出前授業の実施段階など、多様に学習の構想ができます。


5 授業者は?

学校の実態、ニーズに応じて授業者をカスタマイズ。指導主事や文化財課の専門職員などを派遣します。専門性を発揮して、先生方や子どもたちに楽しんでもらいます。
基本的に指導主事と文化財課の専門職員が授業を行います。ですから、先生方には負担をかけません。もちろん、先生方と一緒に授業を行うこともできます。学校側の要望に応じます。


6 単元のどの段階で?

学習教材、授業内容を豊富にそろえています。子どもの意欲を引き出すために、地域素材を使った授業を単元のどの段階で行うか。「学習問題をつくる段階(導入)」「問いを追究する段階(展開)」「学習をまとめる段階(終末)」「学習内容を発展させる段階」など、どの段階にも対応できます。


◆出前授業カタログを掲載しています。実際の授業の様子などはこちらをご覧下さい。

出前授業 カタログ2021(HP用).pdf (PDF 7.58MB)

申込方法:カタログの9ページに必要事項を記入のうえ、ファックスでお申込ください。

カテゴリー